アパート経営関連情報

HOME確実性を高めるアパート経営の方法紹介

最終更新日:2017/11/20

確実性を高めるアパート経営の方法紹介

確実性を高めるアパート経営の方法紹介

アパート経営をするとなれば、誰もが失敗するということを望んでいません。しかしネットなどで調べればアパート経営の失敗談などに辿りつきます。そして「アパート経営は失敗するリスクが高いのかも?」と疑心暗鬼になられている方も少なくないでしょう。しかし、「アパート経営ほど堅実で、安心できる投資は無い」という声があることも事実です。「投資」である以上、一定の失敗例があることも事実ですが、その失敗もピンからキリまであり、下準備を怠らなければ回避できた失敗も沢山あります。ここではアパート経営でより失敗しない成功に向けて確実性を高めるための方法をご紹介していきます。

アパート経営で成功を収めるために重要なのは、何をおいても「立地」です。アパート経営は入居者に入ってもらって家賃を支払ってもらって初めて成り立ちます。家賃収入を多くするためには、より多くの入居者に入ってもらって、満室に近い稼働率を保つ必要があります。そのために、立地は非常に重要なのです。入居者の立場となって考えてみると良いでしょう。「駅から近い」であるとか、「治安が良い」など、住まいを決める時に重要な項目をクリアしていればしているほど、優良な投資物件ということになります。もちろん物件価格は高くはなりますが、家賃収入がしっかり見込めれば、返済に追われることは無いでしょう。アパート経営において「立地」というのはそれほど重要なのです。

さらにアパート経営の確実性を上げるための方法は、出来る限りのことを自分で行うということです。アパート経営は、アパートを購入して家賃収入を待つ、というだけではありません。アパートの管理や運営、掃除や修繕、家賃の請求や滞納者とのやりとりなど、様々な仕事があります。その多くを不動産事業者と契約すれば、仕事を代行してくれます。その為、多くの経営者の方が管理契約を結んでいるのですが、その仕事の中で自分が出来ることを増やすことで、確実性を上げることが出来るのです。不動産事業者への仕事依頼が減れば、その分契約費用も安くなるということも確かにありますが、何より入居者の声を直に把握することが出来るのです。

アパート経営で入居率は最重要課題です。入居率を上げることも重要ですが、維持することも重要なのです。入居者の声に即座に対応することによって、入居者の満足度を保つことが出きます。アパート経営の成功の確実性を高めるため、「立地」と「管理体制」に細心の注意を払うことを忘れないでおきましょう。

一覧はこちら

アパート経営ランキング

TOP