アパート経営関連情報

HOME利点と欠点をあらかじめ把握しておこう

最終更新日:2017/11/20

利点と欠点をあらかじめ把握しておこう

利点と欠点をあらかじめ把握しておこう

現在の仕事の副収入として、老後の収入確保のためなど、様々な理由でアパート経営に乗り出している方は、近年数多くいらっしゃいます。アパート経営とは、アパートを購入して入居者を募り、その入居者が支払う家賃を収入としていくという投資の一つです。アパートを購入する初期投資にまとまった金額が必要ですが、それ以降は特に専門的な知識やスキルを必要とはしない投資なので、どなたでも気軽に始められるという投資でもあります。しかし、気軽に始められるからこそ、しっかりとアパート経営の利点と欠点を把握しておく必要があるでしょう。ここではアパート経営における利点と欠点を中心にお伝えします。

まずアパート経営の利点を言えば、先ほども少し触れた通り、投資前の段階で専門的な知識やスキルを必要としないということです。一般的なアパート経営の流れを言えば、まず不動産事業者に相談に行き、経営するアパートを決めます。購入手続きをし、アパートの管理に関する契約を結べば、すぐにアパート経営が始まるのです。不動産事業者との契約内容にもよりますが、入居者の募集や物件の管理、家賃の請求なども全て行ってくれます。あとは家賃が順調に入って来るのを待っていれば良いという流れです。もちろん物件の修繕費用や、万が一の時の為に貯えをしておく必要はありますが、入居者が途切れない限り安定して収入は有るので安心です。景気などに左右されることが無いという点も良いです。

反対にアパート経営の欠点というのは、これは当たり前のことですが、入居者がいなければ家賃収入が入らないということです。不動産事業者の中には、空室の場合でも家賃を全額、もしくは一部を保証するという契約もありますが、大抵の場合は期間限定です。期間が過ぎれば家賃収入が無い状態になります。アパート経営者の多くは、最初にアパートを購入する際、ローンで購入されます。そして月々の返済額に家賃収入を充てて、余剰分が利益となる訳です。その為、家賃収入が順調で無い場合、返済額が上回って赤字ということも可能性としてあり得るのです。従って家賃収入を途切れさせない為にも、入居率の確認や入居者の不平不満に注意を払う必要があります。

アパート経営における利点と欠点についてお伝えしましたが、やはり投資なのでリスクというものは少なからず付き物です。ただ、株やFXに比べれば安心して始められる投資と言えるでしょう。しっかりとアパート経営の利点と欠点を把握してからアパート経営を始めてみてください。

一覧はこちら

アパート経営ランキング

TOP