アパート経営関連情報

HOMEアパート経営の経営基盤をしっかり作ろう

最終更新日:2017/11/20

アパート経営の経営基盤をしっかり作ろう

アパート経営の経営基盤をしっかり作ろう

アパート経営で、より多くの利益を生もうとすれば、アパートの複数経営に乗り出すことです。アパート経営は端的に言えば、いかに家賃収入を稼ぎ出すかにかかっています。家賃収入をより多く得やすくするために複数のアパートを購入し、経営し始めることが出来れば収入は順調に伸びていきます。条件の良いアパートというのは、全国で随時出てきますので、チャンスがあれば早い段階で2棟目、3棟目の経営に乗り出したい気持ちになるかもしれません。しかし、そこですぐさま飛びついてしまって、その後どのアパート経営も上手くいかず、結果的にアパート経営を失敗してしまった、という事例も数多くあります。そして多くの場合、経営基盤をしっかり作っていなかったため失敗してしまったということが多いのです。

アパート経営は資格を必要とする投資では無く、初期投資の費用さえあれば、どなたでも始められる投資案件です。それゆえに、経営のノウハウが若干乏しい方であっても、アパート経営をすることが出来るのです。経営において重要なのは、次の投資を行う前に、現在の経営基盤がしっかりしているか?ということが重要になって来ます。アパート経営に置き換えれば、現在経営しているアパートで、順調に家賃収入が得られているのかということです。入居率は順調なのか、今後引っ越しを考えている入居者はいないか、設備投資の必要は無いかなど、今後起こり得る減収や出費を考えて、その上で余剰の投資費用がある場合にのみ、次の投資に向かうべきでしょう。現在の経営があまり上手くいっていない、又は赤字が出ている状況での新たな投資は、非常にリスクが大き過ぎます。

通常、良心的な不動産事業者であれば、現在のアパート経営状況を把握し、それを踏まえた上でも尚、利益が見込める場合にのみ新たな物件を紹介してきます。しかしながら不動産事業者が皆、良心的とは限りません。「投資金額が安い」、又は「利回りが非常に良い」などの口説き文句で迫られれば、魅力的に感じてしまうのも当然でしょう。しかし、そこで決めてしまうのではなく、必ずいったん考えるようにしましょう。そして、自身のアパート経営の状況を、出来るだけ客観的に把握し、経営基盤がしっかりしているのかに常に気を配りましょう。経営基盤が盤石で、更に信頼のおける不動産事業者からの物件紹介時のみ、複数経営を検討するようにしておけば、アパート経営で失敗してしまうことはまず無いでしょう。

一覧はこちら

アパート経営ランキング

TOP