アパート経営関連情報

HOMEアパート経営の危ない経営方法とは

最終更新日:2017/11/20

アパート経営の危ない経営方法とは

アパート経営の危ない経営方法とは

数多くの投資の中でも、アパート経営は株式への投資などに比べ安全で堅実、と認識されている方も多いと思います。専門的な知識がそんなに多くなくても参入できる事業ですし、老後の収入の為に副業としてアパート経営をされている方もいらっしゃいます。ですが、いくら安全とは言え投資は投資です。アパート経営は初期投資も多額ですので、一歩間違えば資産を失ってしまったり、今現在の生活すら脅かすこともあります。アパート経営で身を滅ぼさない為にも、アパート経営における危ない経営方法をしっかりと認識しておきましょう。

アパート経営を始める時に、相談へ行くのは不動産会社でしょう。この不動産会社選びを間違ってしまうと、危ない経営に陥ってしまう可能性があります。非常に稀ですが、中には始めからお金を騙し取ろうとしてくる悪徳業者もあります。ホームページなどから不動産会社の情報をあらかじめ調べたりして、必ず下準備しましょう。そしてある程度のアパート経営に関する知識を蓄えておけば、騙される、もしくは勘違いして不利益を被るリスクも抑えられるので、不動産会社に足を運ぶ前に、簡単なアパート経営の流れは理解しておくことをオススメします。

アパート経営の物件選びですが、条件の良い物件というのは全国にあるので、自分の生活圏にこだわる必要はありません。ですが必ず物件を決定する前に、実際にその物件へ足を運ぶことをオススメします。物件の見た目であるとか周辺情報、実際の日当たりなどは足を運んでみなければ詳しいところまではわかりません。画像やイメージだけで不動産会社の担当者と話を進めるのは、後々「イメージと違った」となる原因にもなりかねません。物件購入後の適切な経営戦略を練る為にも、必ず一度は自分の目で見に行きましょう。

アパート経営には、コレが正しい方法という一つの方程式というのはありません。物件ごとに立地が異なり、特色が異なり、入居者を集める方法も異なります。そこがアパート経営の難しいところでもあり、面白いところでもあります。ただ一つ言えることは、経営者側の都合で経営戦略を進めた場合、破たんすることが多いです。成功に向かって進めるためには、不動産会社との連携が必要不可欠です。自らが得た知識と、担当者が提供してくれる情報をもとに、適切で合理的な経営戦略を練っていくことが大切でしょう。その連携が取れている限り、アパート経営は危なげなく軌道に乗ることが出来るでしょう。

一覧はこちら

アパート経営ランキング

TOP