アパート経営関連情報

HOMEアパート経営で参考にしたい経営経験者の声

最終更新日:2017/11/20

アパート経営で参考にしたい経営経験者の声

アパート経営で参考にしたい経営経験者の声

アパート経営に資格は特に必要ないので、言わば誰でも始めることのできる投資事業です。ですがアパート経営は初期投資で結構な金額が必要になりますので、始めるにあたっては慎重さが求められます。誰もがアパート経営の成功を夢見て始める訳ですが、中には残念ながら失敗される方もいらっしゃいます。ここでは、アパート経営の経験者の中でも参考にしたい声を交えながら、説明していきます。

アパート経営の成功においてまず重要なのは、どの不動産事業者と契約するか?という点です。アパート経営をするにあたり、土地の選定や物件の確保、もしくは建設。入居者の募集や物件の管理に至るまで、アパート経営に関わるあらゆることを不動産事業者の担当者と行うことが一般的なのです。成功者の声の中には、「不動産事業者選びに一番時間をかけた。」というのがあります。また、「不動産事業者の担当者の方との相性が重要。」という声も。もちろんそれが全てでは無いのですが、アパート経営の成功に不動産事業者は大いに関わってきます。失敗された方の「不動産会社が言うメリットだけを見て飛びついてしまった。」という言葉を肝に銘じることが、成功への第一歩と言えるでしょう。

アパート経営で利回りは重要項目と言えます。利回りとは、投資した金額に対して、物件から得られる利益の割合のことです。当然、高ければ高いほど良い物件となります。ただ、利回りの高さだけを見てアパート経営に失敗したという方の声もあります。「利回りに2種類あることを知らなかった。」という声です。利回りには単純に家賃収入をアパートの購入価格で割った“表面利回り”と、諸経費を含めた“実質利回り”が存在します。成功者の言葉に、「アパート経営を始める前に、ある程度自分でも勉強をすることが必要。」というのがあります。アパート経営で物件選びは重要ですが、経営に関する知識も同じくらい重要なのです。

「アパート経営の物件選びで、金額と同じくらい大事なのは、どれだけ住んでくれる人の目線に立てるか」という成功者の言葉があります。経営者側からの目線ばかりになれば、ついつい管理が疎かになったり空室が目立ったりするものです。アパート経営の成功も、住んでくれる住民がいればこそです。いかに住民側の目線に立って物件を選ぶか、不足の設備を整えるか、賃料設定を見直すかが大切です。それが何よりの空室対策になり、高い利回りに繋がり、アパート経営の成功に繋がるのです。

成功した方と失敗した方の言葉と共に説明してきました。いずれの言葉からも教訓を得られるということがお分かり頂けたのではないでしょうか?これから、もしくは今後のアパート経営に生かして、成功を目指して下さい。

一覧はこちら

アパート経営ランキング

TOP